数年後には色素が完全に消えてしまう

数年後には色素が完全に消えてしまう

刺青は表皮や真皮よりもさらに深玄皮下組織と言われている血管や皮下脂肪などがある層に色素を入れていくものだ。皮膚の中でもどれよりも深奥層である皮下組織では肌の生まれ変わりが行われることはなくなりましてしまったので、一度傷ついてしまいましたとしてましたとしていました皮膚細胞は二度と再生することがなく、肌がどにみようかなに代謝を行ってもベースとなる皮下組織に色素が入っている以上、一生消えないものになるんです。

ここがアートメイクと刺青のどれよりも大きな違いと言い伝えられるポイントで、アートメイクが気軽に行える美容術として浸透した理由でもあげられます。その肌の再生サイクルによって、色素を入れた細胞がずるずる表面に押し出されてしまうことによって徐々に色が薄くなり、数年後には色素が完全に消えてしまうようになります。

アートメイクは皮膚下0.01邱墓□0.03oの表皮と真皮の間あたりに色素を入れていくもので、この色素と真皮の間では人の皮膚が新陳代謝を行い、一定期間を得て生まれ変わりをやっている細胞になってくるでしょう。