アートメイクは医療行為

アートメイクは医療行為

知識を有しない者が行われた場合には、副作用やトラブルが発生する恐れがあるとしまして、施設はクリニックであったことに加えて、実際に施術を行う者は医師・看護師でないそしたらなることはないと法律にきちんと定められています。普段のお化粧のベースとして考えるのが一般的で、水にぬれても落ちない美しくナチュラルなラインを得ることが出来るため、すっぴんでも自信が持てるようになるのでしょう。

雑誌のモデルがしているみようかなはっきりと鮮やかなメイクでではなく、肌の状態や骨格、筋肉、様々な顔の表情等を考慮して、より目立たなく自然な、そこでいて素の状態よりは華やかな仕上がりを目指します。芸能人や美容関連する人の間でもっとも沖雲評価を得ているのです。

眉や目元、唇の皮膚などに専用のニードル(針)で色素を注入する技術で、お化粧で毎回描いていくよりも自然に、美しくあなたの顔を仕上げることができます。「洗っても落ちない」ですので話題のアートメイク。

日本では厚生労働省により“アートメイクは医療行為”と定められています。